支援内容について

知財総合支援窓口では
・知的財産制度の概要説明
・出願支援
・特許電子図書館(IPDL)検索支援
・各種支援施策等の紹介などワンストップで解決!!知財総合支援窓口には、窓口支援担当者が常駐し、窓口支援担当者が知財専門家の協力を得ながら窓口でワンストップで解決できるよう支援いたします。

窓口で解決できないような課題等については、
『窓口担当者が訪問して支援』
『窓口担当者と知財専門家が一緒に訪問して支援』

などにより皆様のご要望にお応えします。

愛媛県知財総合支援窓口のお知らせ
パンフレット(PDF)ダウンロード

※PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です 。

支援相談会のスケジュールはこちら

専門家の派遣は、原則1企業当たり5回までご利用頂けます。
ご相談頂いた内容は、守秘義務により保護されます。
ご安心下さい。

なお、ご相談の内容によっては専門家の利用に関して本事業でお引き受けできない場合もあります。

ご利用になる方へ
 知財総合支援窓口をご利用になる方は、ご相談の前にこちらの「相談者の方へ」をお読みいただき支援事業の内容についてご確認をお願いします。
 又、ご利用、ご相談後に「アンケート」へのご記入をお願いいたしております。
 ご記入いただいたご意見は今後の事業推進の参考とさせていただきますので、ご協力の程をお願いします。

スタッフ紹介

窓口支援担当者のご紹介

※下記の窓口支援担当者は、(旧)愛媛県知的所有権センターで、(元)特許情報活用支援アドバイザー、 (元)特許流通アドバイザー、或いは(元)知財活用支援コーディネータとして、それぞれ知財支援に従事してきた者です。
いずれの者も、上記課題等を一元的に受け付けその場で解決を図るために必要なスキルを有しています。

津村 信二郎
中小・ベンチャー企業等が開発した技術、製品について、産業財産権としての有効性について判断し、産業財産権の戦略的な活用を目的に、 地域産業の特性に応じて開発から事業展開までの継続的な支援や人材育成支援を担当します。
村上 綾子
窓口支援担当者全員の取りまとめ的な役割を行うと共に、自らは特許出願支援、特許検索支援業務を担当します。また併せて、 相談者からの内容を即座に判断し、適当な窓口支援担当者、知財専門家或いは他の支援機関との連携を果たす役割も行います。
堀田 雄二
民間企業での知財活用経験を活かし支援します。
特に中小企業の皆様が不得手としている知財に関する“契約”については、専門家(弁護士等)を有効に活用しながら丁寧にサポートします。

テクノプラザ愛媛ご案内図

アクセスガイド

ページTOPへ